自己破産の申立準備

自己破産の申立てをするには、まず必要書類を準備することになります。

自己破産申立ての必要書類
住民票

世帯全員が記載されているもの(3ヶ月以内)

戸籍謄本

本人のみの抄本ではなく、謄本が必要となります

給与明細書の写し

収入を証明するもの

源泉徴収票の写し

収入を証明するもの

債権者一覧表

借金をしている相手をもれがなく記載

年金・生活保護・各種扶助などの受給証明書の写し

公的給付金を受給している場合には、その金額を明らかにする書面が必要

土地、建物の登記簿謄本

不動産を所有している場合に必要

家屋賃貸借契約書のコピー

賃貸に住んでいる場合に必要

自己破産申立書

陳述書

地方裁判所で準備する

同時破産廃止の上告書

自己破産申立てと同時に提出しておく

免責申立書

自己破産申立てと同時に提出しておく

自己破産申立書の詳細
  • 債務者の経歴、家族関係
  • 債務者の収入、生活状態
  • 借金の時期、その使途
  • 免責の総額と自己の資産
  • 強者の取立て方法

申立書に加えて、陳述書の提出を受けることがあります。

陳述書の詳細
  • 申立人の本籍、住民票銃の住所と現住所
  • 申立の趣旨や理由
  • 申立人の経歴
  • 資産・負債の状況とその内容
  • 債権者との話し合いの内容
  • 破産申立に至るまでのいきさつ、資金や準備金など

破産申立書、陳述書、債権者一覧表、資産目録、免責申立書の自己破産申立書関連書類らについては、ほとんどの地方裁判所に定型用紙が備えられていますので、必要な場合は地方裁判所の受付で確認され交付してもらってください。

 

Copyright © 2006~2012 自己破産・民事再生の基礎知識. All rights reserved

TOPへ 自己破産申立 自己破産の申立準備