自己破産後に預金と貯金はできる?

自己破産により預金と貯金はどうなる?

一般的には、管財事件の場合、破産宣告時に持っていた一定額以上の預金や生命保険の解約返戻金は破産管財人によって回収され、債権者へ配当されます。ただし、病気や高齢等の理由で新たな生命保険への加入が困難な場合には預金や生命保険を解約せずに、それと同等分を親族や破産宣告後に得た収入から破産管財人へ支払って預金や生命保険を維持する事もあります。

破産宣告後、新しく得た収入で預金や貯金をすることは可能ですが、管財事件の場合では一定額以上の生命保険を解約した返戻金は債権者への配当にあてられることがあります。

 

Copyright © 2006~2012 自己破産・民事再生の基礎知識. All rights reserved

TOPへ 自己破産での疑問 自己破産後に預金と貯金はできる?