特定調停

特定調停について

特定調停とは、簡易裁判所に申し立てて、利息制限法に基づく債務整理を行うことをいいます。調停では裁判所が選ぶ調停委員が債権者と債務者の言い分を聞きながら話し合いを進めていく事になります。


    特定債権者とは
  • 金銭債務を負っており、支払い不能に陥る恐れがある者、もしくは事業の継続に支障をきたさずに返済期にある債務を返済することが困難な者

  • 債務超過に陥る恐れがある法人


    特定調停のメリット
  • クレジット、サラ金業者からの取り立てがとまる

  • 利息制限法による引き直し計算をすることができるため、借金額を削減することができる

特定調停では、債務者が自分の経済状態を明らかにし、複数の債権者を対象として一括の処理ができますが、合意が成立した債権者に対してのみ効力があるために反対する債権者を拘束することはできません。しかし、債権者の数が複数あり債権者と債務者の対立が少ない場合には有効な方法と考えられます。


特定調停

 

Copyright © 2006~2012 自己破産・民事再生の基礎知識. All rights reserved