自己破産にかかる費用

自己破産の手続きを行うにも費用がかかってきてしまいます。

自己破産手続きのための費用
収入印紙代

申立書に600円の収入印紙を貼る

予納郵券代

裁判所によってことなるが、目安として5000~1万円位

自己破産手続きのための予納金

官報の公告費などの費用として、裁判所に納めるのもです

同時破産廃止の場合
1万円~5万円
破産管財人を選任する場合

通常は50万円以上、小額管財事件では20万円程度。また、同時破産廃止決定がされる場合は、1万5千円程度となります(金額は各裁判所によって異なります)

自己破産手続きを弁護士に依頼した場合
依頼時に着手金

20万~30万円程度。債務が高額、多数の場合は50万円程度になることがあります。

成功報酬

免責決定で20万~30万円(着手金と同額)が必要となります。

自己破産申立ての費用がない

自己破産申立ての費用が捻出できないときは、財団法人法律扶助協会が、弁護士費用を立て替えてくれますので、まずは相談してみてください。また、破産手続きを国から借りる国庫仮支弁の制度などもあります。

 

Copyright © 2006~2012 自己破産・民事再生の基礎知識. All rights reserved

TOPへ 自己破産のしくみ 自己破産にかかる費用