破産宣告までの時間


破産宣告までの時間は、自己破産の申立をして1~2ヶ月後くらいに裁判所からの呼出があります。裁判所からの呼出しに応じ、裁判所へ出向くと自己破産申立について質問されます。このことを審尋期日または審問期日と呼ばれます。

債務者の審問(審尋)と各債権者の意見を聴取した結果が相当であると認められたときに、裁判所は債権者に対して破産宣告をします。その時点で債権者に対してめぼしい資産がない場合には同時破産廃止の決定がされます。

裁判所によって異なりますが、おおむね自己破産申立より2ヶ月という期間かかると思われます。この期間は本人が自己破産申立をした場合の目安となります。

弁護士に自己破産の依頼

代理人として弁護士を依頼した場合では、裁判所によって異なってきますが、東京地方裁判所などでは、自己破産申立日の当日または、2~3日以内に代理人の弁護士が裁判官と面接を行い、即日破産宣告を行う「即日面接」という手続きがあります。

 

Copyright © 2006~2012 自己破産・民事再生の基礎知識. All rights reserved

TOPへ 自己破産申立 破産宣告までの時間