給与所得者等再生

給与所得者等再生手続きとは

給与所得者等再生の制度を利用できる対象者については、無担保の借金が5000万円以下で安定した収入がある個人が対象でとなる制度です。

安定した収入とは

給与所得者等再生手続きは、小規模個人再生手続きを利用でき、かつ給与等の定期的安定した収入の見込みがある人を指します。そのため、サラリーマンや公務員、年金生活者などが対象と考えられます。

給与所得者等再生の適用条件
  • 収入が定期的で変動の幅が小さいことが必要
  • 債務の総額が5000万円以下
  • 過去10年以内に破産免責決定等など受けていないこと
  • 最低弁済基準の王権を満たすこと
可処分所得要件

再生計画からおける弁済総額が「1年あたりの手取収入額」から「最低限度の生活をするために必要な生活費(1年分)を控除した額の2倍以上であることが必要となります。

    1年分の生活費
  • 個人別生活費の額
  • 世帯別生活費の額
  • 冬季特別生活費の額
  • 住居費の額
  • 勤労必要経費

以上の合計が1年分の生活費の額とされますが、都道府県によって各費用が異なってきます。

給与所得者等再生の対象職業
サラリーマン、公務員

年金・恩給受給者

年金や恩給は辺土の少ない定期的な収入とみなされます

歩合制社員

歩合率によってことなり、歩合率が大きい場合は変動が大きいとみなされ対象にならない場合があります

契約・派遣社員

契約更新の形態により異なります。契約・更新が1年ごとの場合などは定期的な収入があるとはみなされないため対象外となります。

アルバイト・パート・フリーター

継続的に仕事をし、安定した収入を得ている場合は給与所得者等再生の対象となります。

自営業者

対象外

 

Copyright © 2006~2012 自己破産・民事再生の基礎知識. All rights reserved

TOPへ 個人民事再生 給与所得者等再生